Nov 15, 2017 Wed Cloudy

DSC01310.jpg
きょうは一日中曇っている。きのうキャンパスから持ち帰ったケヤキの落ち葉40袋をご覧のように新規に製作した木枠内に投入する。キャンパスにはなんと100袋ほどが山積みされているが残念ながら軽トラには上から押しつけても50袋ほどしか詰めない。しかも途中高速道路を通過するのでそんなには乱雑に積めない。さて、午前中には農業事務所において金曜日の研修会に向けた準備を行う。プロジェクト—と小生のコンピュータの互換性を確認するが予想どうりに問題はない。そして午後においては里山に入り、竹林整備、伐倒したモウソウチクや杉の木をチェンソーで切断し、集材する。本当に里山は綺麗なっている。夕方にはご近所さんが訪問するが、やはり見違えるほどのさとやまを称賛しないことはない。これが村民にしれることになればこの里山プロジェクトが拡がるかもしれない。ところで、夕方において再びナメコを収穫する。里山は宝の山である。

Nov 14, 2017 Tue Rainy

DSC01296.jpg
予報に一致して昨晩から降雨が始まりときどき強くも降っていたように思える。そして4コマの授業に向けてクルマを北上させる際には降り終わる。でも午後においても予報に不一致して再び雨が降る。依然として雨期が終焉を迎えていないように見える。さて、キャンパスに向かう前にジョイフル本田において苗たちを見て回る。キハダ、ニセアカシア、クリなどの苗をさとやまに定植するので、何か他に適当な苗がないのかを探す。ビワ、スモモ、次郎柿、なしやリンゴの苗が発見される。以前、宮内氏が興味をしてしていたスダチの苗は何処にも見あたらない。もちろん、ブルーベリー、タイタンの苗3年生を拙宅の庭先で育成させているのでこの冬に20本ほどを里山に定植させる。こんなにいろいろな樹木を植えてしまうと混植になるがそれも面白いのかもしれない。

Nov 13, 2017 Mon Clear

DSC01308.jpg
予報に一致してよく晴れて快適な陽気である。そんななかにおいて、里山に入り薪ストーブでお湯を沸かしてインスタントコーヒーを飲む。そしてあしたの4コマの授業に向けて本を読む。何度も書いているが3.11についてマサチューセッツ工科大学のサムエルズ教授が分析した3つの領域における変容である。3つの部門、日米関係、エネルギー政策そして地方自治体において3.11の大地震と津波により変化が起きたのであろうか?政治のエリートたちはそれぞれの将来の目標に向かってどのような物語を紡ぐのであろうか。守旧派、リベラル派や古典派はそれぞれの将来の目標に向けて私利に都合のよいシナリオを書くのだろう。いずれにせよ、この本は政治学の専門書であるので受講生には難解である。さて、午後においてはクリの苗2本とオリーブの苗1本をコメリで買い求め、さとやまの尾根近くに定植する。クリは蜜源である。

Nov 12, 2017 Sun Clear

DSC01306.jpg
きょうは予報に一致してよく晴れる。そんななかにおいて、あさはやくから里山に入り薪ストーブに火を入れてコーヒーを流しながら日経に目を唐通す。そしてチェンソーの刃を研磨してチャップスとヘルメットを装着してモウソウチクを伐倒する。新品のチェンソーは悪くない、よく切れる。1時間もやっていると腕が疲れてくるので一休み、ストーブの前で今週の授業の予習、サムエルズ著「3.11」を読む。去年の授業においてもうすでに取り扱っているので、今年は2度目になる。とはいってもやはり再び丁寧に読まないと講義はできない。この授業は小生が喋らないと沈黙が継続する。そこで50分間ほど講義を一方的に話し続ける。さて、午後においてはご覧のように蜜源の樹木、ニセアカシアときはだの苗に添えたけを立てる。細いまだけを1メートルの高さに切って苗に添える。ところが、それぞれ1本が見つからない。どこかに行ってしまった。ところで、クリとオリーブの苗も定植する予定している。

nov 11, 2017 Sat Clear

DSC01305.jpg
予報によると降雨であったが富士五湖あたりにおいては風はあるもののよく晴れてポカポカ陽気である。きのうの紅葉祭りにおいては外国人の観光客だらけであると書いたが河口湖畔のオルゴールの森美術館も中国人や東南アジア人たちが少なくなかった。しかも団体客だけでなく個人客も少なくないようである。というのもローカルバスに乗って大挙してきている。つまり近隣の駅まで来てバスに乗り換えてきているようである。リピーターであるように思える。もちろん、日本はどこにいっても安全なので何処にでも脚を伸ばすのであろう。そして昨晩泊まったルートイン河口湖にはやはり中国人の3グループが占有している。フロントは経済的には喜んでいるようであるが、われわれの日本人客には申し訳なさそうに振る舞う。きょう訪問した山梨県立リニア見学センターにおいても外国人が少なくなかったように見える。日本中の観光地が占有されているのであろう。そんな印象をもちながら帰宅する。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード