May 23, 2017 Tue Clear

DSC00343.jpg
きょうも予報に一致してよく晴れて気温も上昇する。猛暑日のような暑さ。そんななかにおいて、5コマの授業に向けてクルマのアクセルペダルを踏む。社会人8名の参加者があらわれる。きょうはトランプ政権の蜜月期間のない初歩的な躓きについての記事である。世界の中の強国であるアメリカの大統領の一連の失敗を嘲笑するのは楽しいことであるが、でも大統領の失敗は世界のそれでもあるので、笑ってばかりも行かない、と言うのが論旨である。ところで、教室には冷房が入る。それほどに気温が上がる。それだから、田んぼの水は蒸発して地面が表出している。堰水を落水して欲しいが、水番の調整が付いていないように思われる。あしたには落水するのではと期待したい。写真にあるのはブルーベリー・ガーデンに張った新規の防鳥網、整然と張られてヒヨドリから被害を防いでくれそうである。でも、台風などの強風に耐えられるのか心配している。このガーデンも北風をフルに受けるので補強していない単管が押されてしまうのではないかと懸念している。

May 22, 2017 Mon Clear

DSC00336.jpg
きのうに続いてきょうも夏日のような暑さになる。そんななかにおいて、5時に起床、涼しい中において住宅下の田んぼの漏水を止める。これが非常に大変でスコップで畔を深さ1メートルほど掘り、長さは2メートルも掘り進む。それはコンクリートの壁からちょろちょろと漏れているからである。どこから水が漏れているのかわからないので、壁から掘り進み排水口の下に水の道があるのを発見する。そしてなんと排水口の脇から水が漏れていることが判明する。これを発見するまで2時間スコップで掘っていた。これで水の悩みから解放される。しかしその隣の田んぼも漏水しているので、そのうちにまたスコップで掘るしかない。でも深さは1メートル以上である。さて、きょうは実兄はきのうに続いてブルーベリー・ガーデンの草取りと草刈り、午後1時頃までですべて綺麗に処理する。そして午後3時頃には帰京する。来週は日曜日に仕事を再開する。さて、写真の日本ミツバチの巣箱は白子のプロの大工さん、佐藤氏の造ったもので、先日一群が確実に入居する。きのうもきょうも群勢は悪くない。ものすごい活動である。そして隣の巣箱には先遣隊が依然として住みごごちを検証しているようである。定住まで決断していない。いずれにせよ、二群が定住した。これからも分峰するであろうから群は増えるだろう。

May 21, 2017 Sun Clear

DSC00333.jpg
きのうに続いてきょうも猛暑日のような暑さ、そんななかにおいて、作田氏も参加してもう一つのブルーベリー・ガーデンへの防鳥網の設営に専念する。きのう新規の防鳥網の設営は完成する。そしてきょうはふるい防鳥網、こちらは雪害で被害にあった網を再度拡げて使うことにする。拡げる前に斜めになった単管を補強して回りのワイヤーを張る。5つつのコーナーの中の3つの単管に支線を張って引っ張る。そして圃場のなかに4メートルの単管を1.5メートルほどユンボにて地中に押し入れる。畝の上に2.5メートルの支柱を据えつけるのでその上のワイヤーはかなり高い所に張られる。これはノビリスなどの背が高い樹木を覆うのでたかくなる。この仕事を非常に暑い中で行うが、もちろんときおり急消して水分の補給を怠らないようにする。さて、きのう日本ミツバチの二群目をゲットしたとかいたが、火事実に確保する。そしてきょう新たに三群目が巣箱に入りつつあることをみる。二群目は活発な活動があるが、三群目はそれほどには活動していない。先遣隊のような数の群で、定住してくれるように願いたい。

May 20, 2017 Sat Clear

DSC00332.jpg
予報に一致してよく晴れて30度にとどくような猛暑、特に午前中はたちぐらみが起きそうな暑さである。そんな日差しの中においてブルーベリーの防鳥網の設営を継続する。まずコーナーの単管を引くためにユンボにて穴を空けて被覆線を大きな重石にくくりつけ穴の中に入れて蓋をする。2つのコーナーを終えてすべての4つを終えたことになる。そして白い防鳥網を張り始める。ネジの突起があるところに網が引っかかり手間がかかるが辛抱強く少しずつ張り進める。そしてその網の端を真ん中のエクセル線に結んで固定していく。これをすべての面に固定していく。午前中には終えるが、網で囲まれた西洋ミツバチたちは網の上で旋回し網の中に入るのに苦労しているように見える。でも編み目は4ミリ、十二分に通ることができる。網をかけるからといって1メートル以上も巣箱を移動できない。巣箱に戻れないからである。移動するには二キロ以上離れなければならない。ハチといえば、夕方において日本ミツバチの巣箱を見に行くと何と新しい一群が新しい巣箱に入っている。どうも二群がゲットされたように見える。

May 19, 2017 Fri Clear

DSC00330.jpg
予報に一致してよく晴れて気温のあがり暑くなるほどである。そんななかにおいて、実兄とともにブルーベリー・ガーデンへの防風網と防鳥網の設営に専念する。まず縦横にエクセル線をはり5本の4メートルの単管を埋けてサポートする。実は3.5メートルの単管を探すが4メートルしか近くのホームセンターでは販売していない。畑のすぐそばにナフコというホームセンターが最近開店したのでそこで購入する。しかも比較的安い。非常に便利である。いずれにせよ、4メートルの単管、1.5メートルを地中にユンボにて押し入れなければならない。畑の周りの単管は1メートル入れているが今回は1.5メートル、入るかどうか心配したが、何とか苦労して入れることに成功する。そしてその頂上にエクセル線を載せて張る。あしたにはそのうえに防鳥網をかけるが、それが垂れてブルーベリーに触れることがあってはならない。ここが終われば、もう一カ所のブルーベリー・ガーデンのすでに据えつけてある防鳥網を修理する。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード