FC2ブログ

Nov 13, 2018 Tue Cloudy

IMG_2044.jpg
予報に一致して昨晩も雨が降り、きょうはほとんど曇っているが夕方から降雨、みょうちょうまで降り続けるようである。あしたのあさにはあがるような予報。きょうは北千住キャンパスへの長距離通勤、上りは順調であったが、下りにおいては品川駅にて人身事故、一宮行きの快速は15両編成が11両に減縮、そして15分ほど遅れて茂原駅に到着する。東京は過密ダイヤで少しの混乱で大混乱になってしまう。だからといってアクアライン軽油の高速バスを利用する気にはなれない。大多喜町から品川駅まで高速バスサービスが提供されている。あるいは市原鶴舞までクルマで、そして高速バスに乗ることもできる。そして後者は便数が少なくないようで、下りの便数が茂原行きなどがあって利便性が高いらしい。木更津にはさらに多くの高速バスサービスが期待されるが、そこまで行かないといけない。さて、あしたは午後において木の駅プロジェクト大多喜準備委員会が会合を開き、地域振興券の立ち上げにむけての話し合いを行う。そして小生は丸太をもうすでに10台以上を搬入している。優等生である。あしたも会合に参加するので1台分の丸太を搬入しよう。

Nov 12, 2018 Mon Cloudy

IMG_2043.jpg
予報に一致して昨晩は雷をともないながら降雨、でもけさには止んでいる。地面はかなり濡れている。きのうの夕方にはおだにかけている稲わらを軽トラに載せて、ビニールハウスに移動する。さて、午前中は雨読、あしたの授業にむけて書籍を読む。冷戦以後の東アジアの国際関係を考える。さて、午後においてはきこりの仕事、地面は濡れているので粉砕チップを生産するが軽トラに載せるのではなく、そのまま畑に播いて現場の環境を改善する。集材したスギの枝葉をすべて粉砕チップに変えてしまう。そして4メートルの丸太をユンボにて集材、特に用材にならない溝くされの丸太、バイオマス燃料にしかならないものをご覧のように集める。水曜日の午後には木の駅プロジェクト大多喜準備委員会の会合が老川のバイオマスホフ大多喜にて開かれるので、ついでに丸太を搬送する予定にしている。前述しているように、用材に使えそうな丸太は製材機で床板や巣箱の板を生産しよう。その製材機であるが、改善する計画も考えている。

Nov 11, 2018 Sun Clear

IMG_2038.jpg
予報に一致してよく晴れて秋晴れ、身体を動かすと汗が流れる。さて、けさも早めにきこりの仕事に取りかかるが、そのまえにラジオ体操第一で手足をストレッチする。そしてまずはじめに集材した枝葉を粉砕チップにしてぬかった畑の道にまき散らす。里山の作業道と同じようにチップを敷き詰める。そして30本ほどのスギ樹の最後のそれを滑車を援用してユンボで手前に引きながら伐倒、希望する方向へ倒れる。そしていつものように枝葉をチェンソーで払い、ユンボのハサミにて集材、チッパーの前に集め、そして粉砕チップにする。丸太は4メートルに切断する。ご覧のように4メートルの丸太が所狭しと散乱している。溝ぐされの丸太は老川のバイオマスホフ大多喜へ搬入する。そして用材として利用できるのは、油屋製材所に販売する予定であったが、お隣さんが床板を求めている。そこで、躊躇していた製材をやることにする。里山に設置している製材機を畑に移動して現場にて製材してみよう。あまりよい丸太ではないがミツバチの巣箱ぐらいにはなるだろう。

Nov 10, 2018 Sat Mostly clear

IMG_2005.jpg
予報に一致して雨は止み曇りながらも日差しもさしたりし、そして非常に蒸し暑くなる。そんななかにおいて、すこしぬかる畑できこりの仕事、そのまえにラジオ体操第一のビデオを見ながらストレッチする。そしてまず最初に粉砕チップの生産、チッパーの調子は悪くない。軽トラの荷台いっぱいのチップ、ブルーベリー・ガーデンにダンプする。そして中ぐらいのスギ樹をチェンソーにて伐倒、真っ直ぐに天に伸びているスギ樹にワイヤーを掛けてユンボで引きながら伐倒、そしてチェンソーで切るが引く方向とは反対側のツタを広く残しながら切る。すると希望する方向に倒れてくれる。3本を成功させるが、4本目細めで反対方向に倒れている。それをユンボで引きながら切るが、なんと失敗してしまい、隣の畑に倒れてクリの木の枝をなぎ倒してしまう。でも、そんなに大きな被害ではない。枝葉を払ってすぐに処分して綺麗に処理する。そして残るのは写真に写っている1本だけ、でも反対方向に傾いているのでこれはそちらに倒すしかないだろうと諦めている。倒したい方向からチルホールで引いて無理やり伐倒することはできないことはないが、根っこ株がないので支柱が存在しない。あしたにはこれを倒して終焉を迎えたい。

Nov 9, 2018 Fri Rainy

IMG_1994.jpg
予報の不一致においてあさから降雨、あめは午前中は降らないとの予報で8時頃にはきこりの仕事を始動すべくラジオ体操を済ませるが、あめは止んだり降ったりである。伐倒したスギ樹を4メートルに切断する。そしてユンボにて枝葉を集める。雨は降り続くので畑から撤退、そとでの仕事を諦めて室内の事務に移る。すると冨川氏が再びトラクターのエンジンの修理にトライするために来訪、特別の工具を作製して穴の中にあるタイミング・ギア—を取り外そうと試みる。しかしながら、特製の工具が曲がってしまい、ギア—は動かない。他に選択肢がないのできょうは午前中で撤退、小生としては非常に残念である、そして感謝している。冨川氏は再びより頑強な特製の工具を作製せざるを得ない。さて、午後からはいろいろな瑣事を処理、精米を3袋もやったり、工具の買い物をしたりする。森林経営計画の事務処理もあるが、先送りしている。エクセルに情報を入れていかなければならない。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード