FC2ブログ

Sept 13, 2018 Thu Clear

IMG_1628.jpg
きょうもきのうに続いてとても涼しい日である。そんななかにおいて、きょうから北千住キャンパスへの長距離通勤が始まる。あさは9時過ぎに電車に乗るが座ることができて北千住までゆっくりと通勤を楽しめるが、北千住で電車にのるのが5時前で、さすがに錦糸町からは混雑している。もちろん、ぎゅーぎゅー詰めではないので不愉快ではないが、3コマの授業後においてはすこしリラックスしたいものである。その授業であるが、英語による授業は受講者がゼロではないかと懸念されていた。日本人の学生には英語のレベルが高いので回避されてきている。去年までは少なくない社会人が参加していた。公開講座であったが、ことしは一般には公開されていない。そうなると受講生がいなくなるが、ことしは何と台湾人の学生がふたり現れる。英語を流暢に操る、小生の授業の内容をフォローしている。これで英語の授業が成立するようなようすで、2時間の授業で喋り続けないといけないが、プロはそんなことはいってられない。でも帰宅が遅くなるので辛いものがある。

Sept 12, 2018 Wed Clear

IMG_1632.jpg
きのうに続いてきょうも非常に過ごしやすい涼しい天気である。稲刈り後のいろいろな瑣事、田んぼの草刈りや電気柵の取り込みやコンバインの清掃、などをやりたいところであるが、あしたから後期の授業が北千住キャンパスにおいて始動する。その準備で忙しくなる。日本の経済史、徳川時代から現在までの日本経済の辿った軌跡を振り返る授業のシラバスを整えたり、教科書に目を通したりする。きのう採蜜した西洋ミツバチのハチミツは、小さなビンに充填するが30個に入れてもまだ半分も残っている。あたらにビンを注文する。西洋ミツバチのハチミツは、日本ミツバチのハチミツと比べると少しクセがあるような食味である。昔子どものころにおじさんが養蜂をやっていてハチミツを味わったが、まさにその味が想起されて、懐かしい味である。他方において、日本ミツバチのハチミツはクセがなくスムースな甘さ、値段もこちらの方が3−4倍も高い。後者は自然のミツバチ、飼育するのは難しく、ハチたちが機嫌を損ねると巣箱から逃亡してしまう。繁殖させるのも難しい。そんなことから貴重なハチミツになっている。

Sept 11, 2018 Tue Mostly cloudy

IMG_1635.jpg
予報に一致して一日中曇りがちで気温も下がり非常に過ごしやすい。そんななかにおいて、採蜜を行う。きのう大場さんに貸していた遠心分離機が戻るので、早速ことし初めて西洋ミツバチの蜜を搾り取る。きのう分離機が戻るが、なんと大場さんは5日間の旅程で北海道を旅することになっていたようであるが、札幌に入ったら震度7の地震、札幌に閉じ込められ、レンタカーで函館へ、そして新幹線で帰宅したそうである。北海道への旅行には羨ましいが、不都合な天災には非常に残念である。小生も稲刈り後の骨休みに日帰り温泉でもと考えていたが、残暑が厳しいので先送りしていた。さて、午前中には採蜜を行う。そして午後においては、コンバインの刈り取り部のテンション部品を取り替える。新しい部品を買い求めてあったので忘れる前に刈り取り部を分解して取り付ける。前回は、勝彦氏が取り付けたがナット3個がつけていなかった。分解してみるとナットをつけなくて良いところにつけてあったので正しいところに装着して2時間ほどで終えることができる。大汗を流すことなく快適な稲刈り後の整備である。

Sept 10, 2018 Mon Partly rainy

IMG_1613.jpg
予報に一致して秋雨前線の南下に起因する大気の不安定から一日中時折集中豪雨のような大雨が降っている。そんななかにおいて、コンバインの整備をパイプハウス内で行なうつもりで準備をしていたら、弓木の森木の駅プロジェクト大多喜準備委員長から電話が入り、8時半からの町商工会議所の会合がリマインドされる。木の駅プロジェクトにおいて地域振興券を立ち上げようと、その説明を会議所の理事に行うことになっていたが、なんと小生は完全に失念していた。これは丸太1立米を老川のバイオマス・ホフへ搬入するとトーセンが3千円で買ってくれるが、この値段ではだれも持ちこまないだろうということで、3千円の補助金を町役場に助成してもらい6千円にしようということで9月20日に町長に陳情に伺う。その町長への陳情に向けての地ならしで商工会議所にこのプログラムの説明にいく。町内には120軒ほどの店舗が存在し、そこで振興券が使われるがその広告にのぼりやチラシを創ってもらう。会議所は好意的である。あと残るのは、町長の賛同の存否である。

Sept 9, 2018 Sun clear

IMG_1610.jpg
予報に一致してよく晴れて蒸し暑く、残暑は厳しい。そんななかにおいて、きのうに続いてコンバイン2台目を整備するつもりであったが、やる気がなえて先送りを決めてしまう。あしたは気温も下がり仕事もやりやすくなるだろうが、雨が降るので外での草刈りはできない。さて、きょうは森林経営計画ガイドブックにふたたび目を通し、南部林業事務所から送られたワードとエクセルのファイルにも丁寧に復習する。膨大な量の情報を処理しなければならない。15林班はおよそ60町歩、その中には200筆以上の地番が記述されて、そして所有者は100名を超えている。その60町歩の半分が対象の森林に該当するが、その所有者から経営計画への賛同を取り付けるだけでなく、その森林の現況を確認し、それが間伐するのか皆伐するのかに値するのかなどをファイルに入れていかなければならないようである。そして説明会も開催する。このプロジェクトは簡単にはいかない。千葉県では個人でこのプロジェクトを実施しているひとはいない。森林組合だけが実施している。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード