April 24, 2018 Tue Cloudy

IMG_1152.jpg
予報に一致してきのうよりも気温は少しあがって22度ほどでジャケットが必要な陽気である。そしてきのうまでの3日間に3町歩弱の田んぼに苗を作つける。農協から買い求めたサトのモチの苗とコシヒカリの苗をそれぞれ特定の田んぼに植え付ける。もちろん、さとのもちのタネはモチ米であるのでコシヒカリと混ぜては売り物にならなくなるので、稲刈り時には細心の配慮が求められる。1反歩強の面積に植え付けるので7−8俵は収穫できるだろう。そんなにも収穫できれば少なくない頻度で餅つきイベントをこの冬に開催できる。このイベントは非常に人気があり、しかも搗いたもちはすべて持ち帰ってもらっているので参加者は大喜びである。ことしは里山プロジェクトを休止してしまったのでイベントへの林野庁からの金銭的支援は提供されないが、それでもこれだけのモチ米があれば大盤振る舞いをしてもよかろう。さて、コシヒカリの方は来年の種籾を穫ることにしている。こちらもほかのコシヒカリと混ぜないようにしないといけない。さて、田植えが終わり疲労が溜まっているが、きょうは北千住キャンパスへの長距離通勤であった。今夜から降雨の予報、期待しているがどれほどの雨が降るのであろうか?
スポンサーサイト

April 23, 2018 Mon Cloudy

IMG_1150.jpg
予報に一致して気温はきのうから急降下して18度ほどである。そして一日中雨が降りそうでいて降らずに曇っている。おとといからはじめたことしの田植えは終焉を迎えている。6時前には新聞を読みながら朝食を摂り、そして田植えの用意をはじめる。50枚ほどの苗箱を軽トラックに載せて東長寺下の田んぼへ。こちらはきのうすでに半分以上を植え終えている。そしてきのうは水が多かったので昨晩は残りの2枚の田んぼと同じように少しずつ落水している。写真にあるように高い所が空気に触れているような水量が適量で、あまり多いと浮き苗が発生してしまう。ところで、ことしは新規にハローを使い始めているが、少しずつ高低差が少なくなってきているように思える。もちろん、まだまだ高低差が顕著であり、これにより雑草の発生の起因になっている。さて、写真の田んぼが最後のものでこの手前の20平方メートルほどを残してコシヒカリの苗を植える。そしてこの日曜日29日には東京のこどもたちがここで古代米の苗を植える。そしてあづまやにおいてバーベキューをエンジョイする。天気もとてもよさそうである。

April 22, 2018 Sun Clear

IMG_1148.jpg
きょうも予報に一致してよく晴れて暑くなる。気温は25度にとどきそうな夏日のような陽気である。そんななかにおいて、きのうに続いて田植えの二日目である。前述しているように、ことしの苗は生育がよくて根張りが素晴らしい。苗箱の苗を両手でわしづかみして持ち上げることができるほど根張りは頑丈である。それゆえに田植機の調子がいまのところ悪くない。田植機を止めることなくドンドンと植えていき、住宅下の田圃を終えて、田町の田んぼに移る。そしてサトのモチの苗を18箱、一反半に植え付ける。これでモチ米の収穫が楽しみであるし、ことしの冬には餅つきのイベントに利用できるだろう。そしてその隣の田んぼには農協より買い付けたコシヒカリの種籾を育苗した苗を植え付けて、これは来年用の種籾を穫る予定にしている。そしてきょうは6枚の田んぼに田植えをするが、7反歩ほどをカバーしたようにおもえる。そしてきょうは夏日のような日差しで日焼けした。あしたも田植えをやるが、あしたで終わるだろう。そして来週の29日には田植えのイベントとバーベキューをあづまやにて行う。でも、古代米の苗が育っていない。

April 21, 2018 Sat Clear

IMG_1146.jpg
きょうも予報に一致してよく晴れて暖かく24度ほどにも上昇する。そんななかにおいて、予定に一致して田植え、ちょうどタネを播いてから1ヶ月が経ち苗場この中の苗たちは覆土の含まれる肥料が欠乏し始めて紅くなっている。とくに今年は春は天候に恵まれて苗の生育は悪くない。毎年苗箱内の根張りがわるく持ち上げると崩れてしまう。これでは田植機の植え付けが詰まってしまう。こうなると非効率で田植えをときどき止めなければならない。ところが、ことしは根張りがよく作業が非常にスムースに進捗している。きょうだけで1町2反ほどに苗を植え付ける。船橋市の宮内氏が来訪するが田植えはやったことがないので里山でタケノコ掘りを行う。でも、シーズンは終焉を迎えてタケノコは大きく育ってしまっている。食味もそんなにはよくない。しかしタケノコ5本を掘って、午後には印西の自分の畑を見に行くと離れる。夕方には西洋ミツバチの巣箱の内検を行い、女王を確認する。あしたも田植えである。

April 20, 2018 Fri Clear

IMG_1144.jpg
予報に一致してよく晴れて暖かく気温は23度にも上昇する。そんななかにおいて、きのうの夕方において分封した西洋ミツバチたちを巣箱内に確認するが、実際のところ女王の存在を確定していない。女王なしでは群は生き続けることはかなわない。そこでけさ一番で内検するとなんと女王は発見される。これで一群を失うことなくしかも蜜も喪失することは回避される。つまり一群増えたことになる。いまのところ巣箱は6つになるが、確認できた女王は2匹、そして分封したわけだから一両日中に新しい女王が誕生するはずである。さて、お昼頃に日本ミツバチを見に行くとなんと写真にあるように新規に一群が入居を決める。この巣箱は白子の佐藤氏が提供してくれた丸太をくりぬいたもので、氏によると必ず入居するはずとのことであった。そしてこの群は勢いが悪くない。ところで、以前入居したと思われた群は最初から勢いがなく、とうとう消滅してしまった。でも、これからもどんどんと分封するだろうから群は増えるだろう。ところで、きょうは東長寺下の田んぼの植代、そしてシンバ下の田んぼの植代、これで準備は終わり、あしたにはお隣さんの田んぼへの田植えである。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード