Sept 20, 2017 Wed Cloudy

DSC01008.jpg
昨日の天気から翻って気温は下がりしつども低くなる。そして一日中曇っている。そんななかにおいて、東京の実兄があさはやくから帰郷し、すぐにブルーベリー・ガーデンに向かい、ハンマーナイフローターとビーバー刈払機にてぼさぼさに伸びた雑草を刈り除く。他方において、小生はあしたの4コマの授業に向けて精読する。失われた20年における日本社会の変容、少子高齢化、家庭の崩壊などについて振り返る。そして3.11の津波の被害における大川小学校の対応についての書評をよむ。さて、午後においては、先日に続いて16万キロを走っている乗用車の整備、タイヤのローテーション、エンジンオイルとフィルターの交換、タイヤへの空気の注入などをご近所宅の倉庫において行う。前輪駆動の自動車、必ず前輪のタイヤが多くすり減る。2万キロほど走ると前後を入れ替える。そのためには4輪をウマに乗せる。確実にウマに載せないとクルマの下敷きになるかもしれない。非常に危険である。
スポンサーサイト

Sept 19, 2017 Tue Clear

DSC01006.jpg
きのうも蒸し暑かったが、きょうも予報に一致して残暑が厳しい。そんななかにおいて、4コマの授業に向けてクルマを北上させる。いつものように圏央道を東金経由で佐倉市に向かう。前期は6時頃に出発していたが今学期は8時頃に離れるが、東金には40分後に通る。朝のラッシュは終わっていていつも混雑する場所がスムースに通れる。しかもつうがく児童たちが歩いていない。だから安心して走らせる。そして両方に拡がった平らな畑を突っ走るが信号が少ない。畑にはサツマイモのツタが伸び、落花生も成長し収穫を待っている。そして人参も定植してから1ヶ月が経過したほどであろうか。かなりの農家が人参を植え付けてある。他方において50馬力ほどの大型のトラクターが3町歩ほどの畑を耕作していたりする。東金から八街に掛けては田圃は見られずに広大な畑が拡がっている。そして佐倉市に入ると今度は基盤整備された田圃が拡がる。ほとんどが稲刈りを終えているがまだ刈っているところもある。そんな様子を見ながら帰宅時も快適にドライブを楽しむ。

Sept 18, 2017 Mon Clear

DSC01007.jpg
昨晩の台風18号の日本列島の縦断にともなって未明においては雨も降るが風も強かった。そしてきょうは予報に一致してよく晴れてしかも非常に蒸し暑い。そんななかにおいて、台風の爪痕を目視すると田圃には水が溜まっている。そして里山に入るとご覧のように倉庫のすぐ脇のスギの立木が地上4メートルぐらいでなぎ倒されて先端はもう一つの倉庫をかすれたようで、ほとんど被害は確認されない。しかしながら、この立木が手前に倒れずに倉庫の方に倒れれば直撃である。トタンの屋根は破壊されてしまっていたであろう。幸にも他に倒れた立木はない。心配されるブルーベリー・ガーデンの防鳥網は確認していない。さて、里山に入ったものの作業道の造成をやることなく、明日の授業の予習、Kingstonの著作をこの倉庫の中において精読する。するとご近所さんが来訪する。そして世間話に興ずる。そして午後においては、このご近所さん宅の倉庫において乗用車の整備、タイヤのローテーション、エンジンオイルの交換、そしてオイル・フィルターの交換を行う。タイヤのローテーションは先延ばしすぎて片方のタイヤにはマーカーが表出して、交換の時期である。来年2月のユーザー車検においての交換であろう。

Sept 17, 2017 Sun Rainy

DSC01004.jpg
予報に一致して台風18号の北上にともなって秋雨前線の刺激によりきょうは一日中降雨、時折まとまって降っている。そんななかにおいて、ほとんど外に出ることもなく、静かに雨読する。コーヒーを流しながら日経に目を通すが「私の履歴書」はあまり面白くないし、小説もいまいちである。そして日曜版には書評のページがなくなり、土曜版に移っている。と言うことで土曜版が読み応えがあり、文化欄が充実している。しかし日曜版の裏ページには小説家のエッセイが掲載され、きょうは非常に面白かった。スーダンの崩壊した国家により国民が長きにわたってその弊害を被っていて、振り返って日本は3世紀にもわたって徳川の幕藩体制が安定した国家を形成したことから平和な時代が続いている、という見解であった。とはいっても30年代は極端に走り非常に不安定であったし国民がミスリードされたことも指摘しないといけない。そして国家概念がつよいので下からの自発心が脆弱なのかもしれない。さて、きょうは授業の予習を行う。

Sept 16, 2017 Sat Mostly cloudy

DSC00998.jpg
お昼頃から降雨の予報であったが、ほとんど降らずに夕方から降り始める。気温は25度ほどで湿度も高くない。でも、里山に入り作業道を造成していると汗を流す。きょうは2本の杉の根株を取り除くので作業道は延長しない。2本の内1本は枯れている杉の根、比較的に容易に除去、でもチェンソーにて4方に伸びている根っこを切断しないと取り除けない。そして他方の刈れていない根株は、挑戦的である。チェンソーであちらこちらに切り口を入れるがなかなか取り除けない。しかもチェンソーの刃が土に触れる瞬く間に切れなくなる。そこで丸ヤスリで研磨、いままでは4.8ミリの丸ヤスリを使っていたが、徐々に刃の形状が大きくなってきているので5.5ミリのものを使用する。やはり研磨後の切れ味は素晴らしい。木くずは粉ではなくカンナで切ったようになっている。ところで、チッパーも稼働してモウソウチクを粉砕する。少しずつ里山は綺麗になってきている。これから台風18号の日本列島の縦断、大雨と嵐が懸念される。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード