Nov 20, 2017 Mon Cloudy

DSC01315.jpg
きょうは寒波の到来に起因する寒さ、この晩秋の最低の寒さである。これまでの疲労に加えてこの寒さで風邪気味である。けさは
きのう即決で落札されたお米を精米する。お米の値段を高く設定しているので入札が少なくて困っているが、市場では米不足から値段は緊迫しているようである。であるから強気で出品しているが、、、。さて、精米したお米を発送する。そしてユンボのセルモーターを修理屋に事情を説明して預ける。ユンボの不具合が発見されるので出張を依頼していたヤンマー建機にキャンセルの電話を入れる。出張は1週間も先延ばされていたので好都合であった。出張してもらってその不具合の原因がケーブルの破断では、申し訳ないししかもそれだけで千葉市からの出張代ももったいない。さて、あしたは4コマの授業、その準備も怠ることはできない。
スポンサーサイト

Nov 19, 2017 Sun Mostly cloudy

DSC01325.jpg
きょうは予報に一致してときどき晴れるがほとんど曇りで北風もふいて寒い。そんななかにおいて、里山に入り薪ストーブで暖をとり、日経を読む。そうすると8時頃には船橋市の宮内氏が里山に顕れる。そして談話していると今度は上布施の冨川氏がユンボの不具合について電話をよこす。われわれは竹林整備に取りかかり、宮内氏が集材されたモウソウチクをしたの作業道になげて、それを小生がチッパーに投入していく。作業道の造成後にチッパーに投入しようと考えていたが、急遽モウソウチクを処理する。作業していると冨川氏がユンボの修理に取りかかっている。一時休憩してユンボの修理に傾注する。テスターでケーブルの電通をチェックしていると何とケーブルの1本が断線しているのを発見する。そして冨川氏が半田ごてで結線する。するとランプは点灯するが、相変わらずセルモーターは始動しない。結局、修理したはずのセルモーターを分解してみるとなんとブラシが破損している。あしたこれを修理したところに持ちこみ、再度の修理である。いずれにせよ、これでユンボが動きそうな感じである。

Nov 18, 2017 Sat Partly rainy

DSC01321.jpg
予報に一致して午前中は曇りで、午後から降雨が始まる。そんななかにおいて午前中は里山に入り薪ストーブで暖をとる。そして日経の土曜版、書評や小説教養欄を丁寧に読む。そしてチェンソーをもちヘルメットを装着して写真にある里山で乱雑なモウソウチクと杉丸太を集めて山積みする。1時間ほどチェンソーで切断、そして集材、身体が温まり汗も少しでる。水が欲しくなる。きのうまでに定植した果樹の苗を確認してまわる。イノシシがせっかく植えた苗たちを掘り返しているかもしれない。もちろん、イノシシたちは悪さをしようとしてそうしているのではなく、ミミズを探して掘り返しているのであろう。さて、午後においては三門の矢代宅に訪れる。去年から育成してもらっていたノビリスとデゥークの2年生の苗を受け取りに行く。同時に30キロのヒメノモチを運ぶ。矢代氏の綺麗な畑を見るが、台風21−22号による爪痕、塩害が見られる。タマネギの苗が無惨にも全滅している。ブルーベリーも塩害で葉が枯れている。もちろん、山のモウソウチクや篠竹は白くなっている。塩害は想像していたよりもひどいようである。

Nov 17, 2017 Fri Cloudy

DSC01318.jpg
きのうは素晴らしい秋晴れであったが、きょうは曇りがちである。そんななかにおいて、きのう持ち帰ったケヤキの落ち葉70袋を野菜・ガーデンの木枠内に投入する。軽トラに積み込むときに何度も荷台に乗って押しつぶしてビニール袋の空気を抜いて70袋を積み込んだ。いままでの最高ではないだろうか。そしてきのう買い求めたビワとスモモの苗を里山の尾根付近に穴を掘って定植する。定植する場所を探しているときに不明になっていたニセアカシアの5本目の苗を発見する。何とイノシシに掘られて根が乾燥している。もちろん、すぐに定植するが根が付くかは分からない。さて、午後においてはいすみブルーベリー振興会のホームページの立ち上げに向けての研修会に参加する。写真にあるのは、福田氏がご自身のホームページを説明する。会の中では最も積極的にホームページを活用されている。そして続いて小生が会全体のホームページ構築について説明する。参加者は15名程度であまり関心がないようにおもえる。

Nov 16, 2017 Thu Clear

DSC01313.jpg
一日中曇っていたきのうの天気から一転して素晴らしい秋晴れ、教室においてくすぶっているよりは里山にて竹林整備をやっていたような日である。4コマの授業に向けてクルマを北上させる。そしてジョイフル本田によって果樹の苗をショッピングする。きょうはビワとスモモを1本ずつ購入する。前者は蜜源になる。そしてスモモは将来において小生が食するのであるが、小生が子どものころには拙宅の脇に大きなスモモの樹が少なくない実をつけていた。残念ながら倉庫を移動したときに切ってしまったようである。その時には米国にいた。そのことが忘れないので美味しいスモモを食したいものである。ところで、ないと思っていたスダチの苗も並んでいて来週の火曜日には買い求めよう。きょうはご覧のように軽トラなので荷物は落ち葉になる。そのケヤキの落ち葉、積み込んで上から押しつけて60袋を積み込む。それでも20袋ほどが積み込めずにおいてある。帰宅時には新たに20袋ほどが追加してある。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード