June 21, 2018 Thu Cloudy

IMG_1380.jpg
昨晩は未明に大雨の音でたたき起こされる。かなりの量の雨が降り続けて災害の発生を懸念しながら床についている。朝方には小やみになり被害はほとんどないようであったが川の水かさは増している。そして茂原駅に着くころには雨は止むが、当地の方では小雨が降り続いていたようである。そしてあしたには無印良品店への出荷があるので15パックを準備しないといけない。農園によってはあしたの出荷のノルマを達成できないところも出てきている。この頃になるとハイブッシュ系の果実が終わりラビットアイ系への移行期に入っているようである。ところが、当地はやはり盆地で陽気が遅いようでまだハイブッシュ系は終わっていない。さて、きょうは帰宅後において西洋ミツバチ女王の養成巣箱を内検する。その時に撮ったのが上の写真、蜂児たちがたかってよく見えないが人工的に創らせた4つの王台が存在する。もうすでに蓋がされているように見える。あと10日もすると出房するのではないだろうか。それなれば新しい有王群が4つ増えることになる。そしてこの移虫法が確立されれば将来が楽しみである。
スポンサーサイト

June 20, 2018 Wed Rainy

IMG_1376.jpg
きょうは典型的な梅雨、一日中雨が降ったり止んだりしている。そんななかにおいて、8回目の移虫を試みる。前々回の移虫が少しだけ、4匹だけ成功するので、実際4つの移虫からの王台はきょうには何と蓋がふさがったように見える、そしてけさは再び移虫する。しかしながら、夕方において内検すると再び失敗している。王台養成巣箱には蜂児が充満していて、しかも砂糖水と花粉代用を与えている。そしてこの巣箱は無王の継箱である。充満しているので王台を形成しようという意欲が出てくる。しかも下の箱には女王がいるので、ローヤルゼリーの出が良いとのことでもある。いずれにせよ、一回だけでも成功しているわけであるから、このやり方はその正当性が証明されたことになる。これからは4つの王台を交尾箱に移動しないといけない。そうしないと最初に出房した女王が他の3つの王台を食いちぎってしまう。さて、午後においては、老川のトーセンにおいて木の駅パイロットプロジェクト準備委員会の設立についての会議に参加する。林業家たちとふたりの町会議員が集まり、森林を整備して町の活性化を促すシステムを構築する。将来には搬入された丸太を買い上げて、振興券を発行し町の商工会を盛り上げようとする。町おこしである。

June 19, 2018 Tue Partly clear

IMG_1354.jpg
予報に一致して梅雨の中休みのような少し晴れ間があらわれ気温も25度ほどにも上昇して暖かい。そんななかにおいて、あさがたきのう実施した移虫を確認すると何と4匹の幼虫にローヤルゼリーが供給されているように見える。プラスチック製の王椀のなかには白い牛乳のような液体が与えられそのなかに幼虫が寝そべっているようである。30匹の中の4匹、非常に低い成功率であるが、それでもこれが成功であれば初めてのものであり、何かの進展により良い方向に向かっていることの証しである。蜂児の供給、そして砂糖水と花粉のサプリメントの投与などであるかもしれない。ところで、この4匹の幼虫がこのまま成長し10日後にはこの王台養成巣箱から取りだし、取りださないと10日後には新しい女王が出房し、残りの3個の王台を食いちぎってしまう。であるから、最初の出房の前に交尾箱に王台を移動して出房させ、その群が新しい有王群になる。つまりすべてが上手く進めば新規に4群が形成されたことになる。さて、けさは無印良品有楽町店への出荷日、あさ8時半には搬入する。そして長距離通勤、錦糸町駅において福田氏から電話、小生のブルーベリーを食し、その生果の品質が非常に優秀とのことで素晴らしいコメントをいただく。移虫の成功と福田氏からの称賛、素晴らしい日であった。

June 18, 2018 Mon Partly rainy

IMG_1378.jpg
予報では午後あたりから大雨が降るはずであるが、幸いにも大雨は降らずに小雨で収まっている。そんななかにおいて、きのう摘み取ったブルーベリーを14個のパックに入れてあしたのあさの出荷に備える。梅雨の中での摘み取りである。しかもアライグマなどの小動物が侵入して食害を引き起こし枝に昇っておっている。ショウジョウバエの発生も懸念される。さて、けさは少し晴れそうな陽気、7回目の移虫を試みる。6回ほど試すがすべて失敗している。ご覧のように、移虫枠に王椀が蝋でつけられている。そのなかに卵から孵化した幼虫一日齢を入れる。そしてこの枠を蜂児が多く詰まった巣箱に入れると彼女たちが幼虫にローヤルゼリーを与えると女王が養成される。理論上はそうなるのであるが、実践においては成功しない。いろいろな原因が考えられるのであるが、試行錯誤している。日本のプロの養蜂家はこれで女王を増やして販売したり、群を増やしているのであろう。そして海外においては、ユーチューブを見る限りでは、カナダ、アメリカ、イギリス、そしてフランスの養蜂家が精力的に手掛けている。しかも複数の方法で女王の養成を実施していて、女王を200−300頭も増産している。それだけでなく交尾箱を考案して新しい技術も積極的に導入している。養蜂業界も先取の気風が盛んで、そして継続可能な養蜂を模索しているように思える。

June 17, 2018 Sun Partly clear

IMG_1377.jpg
予報に一致してきょうはほとんど曇っているが時折晴れている。晴れているときは気温は上がるが、曇っていれば梅雨寒である。そんななかにおいて、西洋ミツバチたちは蜜や花粉を集めに忙しくしている、そしてこれから一週間ほど梅雨空が続くのできょうが貴重な晴れである。ブルーベリーも貴重な摘み取りができる日である。きょうは里山センターにおいて総会が開かれ、しかも県庁の森林課の役人が森林環境税について講演を行うが、午後においてはブルーベリー・ガーデンで1時間ほどデュークを摘み取る。梅雨空が続くのでデュークはまだ完熟していないように思えるが、でも落ちている実も少なくない。摘み取らないと落果してもったいないし、しかも小動物が侵入し枝によじ登り枝は折られるし食害も被っている。落果した実はショウジョウバエの発生を誘発するのでこの忙しい中において拾ってガーデンの外に運ぶ。さて、火曜日には2回目の出荷、14パックを用意する。そして金曜日には再び出荷であるが、困ったことに今週は雨続きで摘み取れないだろう。出荷はできないだろう。ところで、けさは移虫による西洋ミツバチ女王の養成を試みるが、夕方には失敗が判明する。移虫針による移虫において小生の技芸が下手なのか、それとも移虫にローヤルゼリーを与えない蜂児たちが悪いのか、いずれにせよまだ成功していない。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード