FC2ブログ

May 29, 2020 Fri Mostly clear

IMG_3131.jpg
予報に一致してあさはやくから良く晴れて日中も気温は上昇して暑くなる。そんななかにおいて、ご覧のようにバイパスのブルーベリー・ガーデンの防鳥網を拡張する。この数日において集中的にこのガーデンの防鳥網の拡張に向けた準備、まずはじめに強風にて破れた防風網を修復する。新しい防鳥網を旧いものに重ねてそしてエクセル線で編んでいく。上と真ん中と下に3ヶ所に線を入れていく。このほ場も台地であるので強風を正面から受けて防風網は破断される。それも集中的に3ヶ所が破れる。さて、防風網の修復に続いてエクセル線を張るのであるが、去年の台風によりやはり破断した線を新しい線に入れ替える。これで準備が整いきのうから防鳥網を堅牢に束ねたエクセル線をほどいて網を拡げる準備、この線をほどくにも半日以上は経過する。そしてきょうの10時頃からひとりで拡張する。ハイブッシュ系のデュークなどは色づきはじめる。もちろん、食するにはまだ早く果実が熟していない。それでもきょうの強い日差しで良い色に変容し食欲がそそられ、その欲求に譲歩して5-6個を口の中に入れる。やはりすこし早すぎる。でも、ブルーベリー・ガーデンの所有者の権利を行使する。特権である。いずれにせよ、あみの拡張はすれすれで間に合う。あしたには電気柵のまわりの雑草を綺麗に刈り払い、そして小動物の侵入防止に通電しよう。きょねんは電気柵が機能を発揮し、設置後には獣害がなくなる。ことしは早めの設置で獣害を防止しよう。
スポンサーサイト



May 28, 2020 Thu Clear

IMG_3128.jpg
けさも6時に起床し日経を読みながら朝食を摂る。政府は2次補正予算を形成しコロナ後の経済を立て直そうとの企図である。10万円の一律給付金は滞るようであるが、その他にも雇用助成金、大企業、中小企業からフリーランスや農家などへの支援金を給付するようであるが、緊急事態なので市場が機能せず政府しか唯一の機関として援助しなければならないのであろう。でも、最近は日本を取り巻く環境は危機だらけで政府はGDP比において200%以上の借金を抱えて、それでいてリーマンショック、東日本大震災、毎年の豪雨や台風、そして新型コロナウイルスにおいて日本銀行が輪転機をフルに稼働して国債を買いまくっている。こんなことをやっていたら金利が上昇しハイパーインフレあるいは政府財政の破綻が発生するのかもしれない。でも、MMT近代貨幣理論によれば自国通貨を発行している国はいくらでも借金ができるとの理論で、もしかしたら現政権はこの理論に依拠して経済運営をやっているのかもしれない。米国の民主左翼のバーニー・サンダースやエリザベス・ウオレンなどはまさにこの理論で皆保険政策や社会保障政策などを推し進めようとしている。さて、これからどうなるでしょうか。そんなことを考えながら日経を読んでいた。そしてヤギのハナをえさ場に連れて行く。さて、きょうはバイパスのブルーベリー・ガーデンの防鳥網の拡張に向けての準備、エクセル線を張る。そしてやっと防鳥網を括り付けているエクセル線を外していく。きょうは風強く、拡張するのはあす以後になる。そして写真にあるのはフロリダスターの色づきの様子、星のようになっていて面白い。食味も悪くない。

May 27, 2020 Wed Mostly cloudy

IMG_3108.jpg
予報では朝晩に通り雨が降るとのことであったが、いまにも降りそうなドンヨリとした曇りであったが雨はまったく降らない。せっかくドンヨリと曇っているので少しは降っても良さそうなものであるが、残念ながらまったく降らない。そんななかにおいて、ヤギのハナはきのうまでのえさ場には連れて行かずに木小屋の近くのえさ場でいつでも木小屋に退避できるような近場のえさ場を提供する。さすがに2-3日続けてハナの背丈よりも高い牧草の雑草を食んでいるので4つの胃袋には食料が充満しているように見えて、きょうはガツガツと食むことなく腰を落としたりしてリラックスしている。ところで、ハナの周りにはいつも蚊などの虫があつまりハナはコンスタントに身体を震わしたり、脚で掻いたり口でかじったりと虫を威嚇していて、牛などが行う行動をとっているが、蚊を媒体とした病気に罹るとのことであるので月に一回薬剤を塗っている。これは東の早川動物病院にて処方してもらったもので小生の目薬よりも高価である。印西の東京電機大学において教えていたときに、社会人学生が愛犬の手術に何十万円も費やしていたと聞いたときには驚いたが、愛玩動物は維持費が高い。ところで、ヤギに関しては「ヤギ飼いになる」という本を読んでいるが非常に参考になる。ヤギの好むことを提供していきたいが、いま考えているのはツメを切ることである。この本によると剪定ばさみに簡単に切れるらしいのでやってみたいものである。やはり首を押さえて固定し、動かないようにしないといけないのであろう。さて、きょうはブルーベリー・ガーデンの防鳥網の拡張に向けての防風網の修繕を再び再開する。そしてすべての防風網が修復できるので、あしたにはエクセル線をはわして、それで最終的な防鳥網の拡張である。ブルーベリーのデュークが少し色付いてきている。あと1週間ほどで収穫できるのかもしれない。

May 26, 2020 Tue Cloudy

IMG_3115.jpg
予報の不一致において雨が降らずに一日中どんよりと曇っていて、しかも蒸し暑い。けさも6時に起床し朝食を摂りながら日経を読む。緊急事態宣言が解除されてコロナ後の季節に入るがニューノーマルが確立されるのだろうか。マスクを付けたり社会的距離をとることだけでなく、オンラインでの授業やデジタル行政なども期待されるが、マイナンバーカードを利用した10万円の一律給付金などは郵送よりもより長く時間が掛かるなど茶番である。そして行政などでも依然としてファックといった80年代のテクノロジーが闊歩しているのであるから驚いてしまうが、使っているひとたちは大まじめであるから呆れてしまう。さて、大規模な検査や隔離や追跡なども心細い限りである。さて、きのうに続いてブルーベリー・ガーデンの防鳥網の拡張に向けての準備、破れた防風網の修繕をやろうとするが、家の周りの後片付け、育苗箱を10枚ずつ束ねてヒモでいわい付け、温室の中に積み重ねる。397枚をすべて積み重ねてらいねんの種まきまでしまっておく。そして農機具、田植機とハローをビニールハウス内にいれるのであるが、中古のパレットを購入したのでなかにそれらを敷いてその上に農機具を置く。温暖化の大雨によりビニールハウス内に水が浸入しそこに農機具を置いたのでは傷むのでパレットを敷いて傷まないようにする。そのパレットであるがカインズなどのホームセンターで購入すると3千円以上もする割りにはプラスチック製で脆弱である。小生が購入したものは鶴田氏の紹介で山田の業者が千円で譲ってくれてしかも非常に堅牢に形成されている。コンバインを載せても大丈夫なほどである。いずれにせよ、中古のパレット10個を全体に敷いて農機具を収納する。まだパレットは足りない。そのうちにまた買ってこよう。さて、写真はきょうの里山の前のフサノモチの苗、もっと分けつして欲しいが当地においてはまだよるが寒く分けつしていない。

May 25, 2020 Mon Mostly cloudy

IMG_3106.jpg
最近の新型コロナウイルスの感染拡大の推移に一致して政府は大規模な検査を実施することなくオーバーシュートが発生することなく、きょう緊急事態宣言を解除するようである。千葉県は東京や神奈川に比較対照して県民性から自粛しているせいか感染率が低くなっている。もちろん、千葉県だけ解除しても東京のお隣なのであまり意味がないのかもしれない。そんななかにおいて、きょうも6時に起床し日経を読みながら朝食を摂る。そして7時半にはヤギのハナをえさ場に連れて行く。ブルーベリー・ガーデンの防鳥網の拡張に向けて防風網の修理を続けるつもりでいたが、きのう鶴岡氏宅から持ち帰った2群の日本ミツバチたちにエサを与える。まずは花粉の代用物、ビーハッチャ—をそれぞれに一個ずつを与える。日本の養蜂家は早春の群勢維持や11月頃に給与するようだが、カナダの1500群を管理する養蜂家は強群を養成するために一年中与えているので、小生もできるだけ給与するようにしている。与えればハチたちはガツガツと食べている。代用花粉なので蜂児を育てるために働き蜂がビーブレッドとして蜂児に与えるのであろう。それ故に蜂児が早くしかも大きく成長すれば強い蜂群が形成されるに違いない。そして女王養成群においても代用花粉を十二分に与える。もちろん、まだ分封した西洋ミツバチ2群、非常に虚弱な群であるので女王養成群にはまだ遠い。ところで、きょう内検し女王の存在を確認するが、そんなには大きなそれではない。働き蜂たちは巣礎に蜜蝋を盛り、中にはもうすでにミツが貯蔵されている。そしてハチたちは非常に温和で親和性が高く、まったく威嚇してこない。もちろん、産卵は残念ながらまだである。いずれにせよ、まずは食料の確保であろうから、代用花粉と砂糖水である。久しぶりに蒸留水4リットルを温めて養蜂飼料の砂糖を4キロを溶かし砂糖水をつくる。そしてスズメバチ捕獲のトラップに焼酎とミリンを混合したものを入れる。5月頃にはスズメバチの女王を捕獲しよう。
管理人の共訳本が出版されました

『都市と人間』(叢書・ウニベルシタス)レオ・シュトラウス(著)

フリーエリア
~キャンペーン実施中~

◆お米のご注文1配送30キロ(白米27キロ)毎に自家製ブルーベリージャム1瓶プレゼント!
ショップはこちらから

訪問回数表示
FC2カウンター
プロフィール
千葉県の大学で教鞭を執りながら、 田舎で晴耕雨読の生活を楽しんでいます。

yasuteru.odaka

Author:yasuteru.odaka
a part-time farmer-instructor, trying to promote great books education and pursuing personal and organic farming romance.

新米・ジャムの販売
キャンペーンへの質問、自家製ブルーベリージャムについてはこちらからお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
掲示板
↓ ・・掲示板です・・ ↓
その他の言語 Ver.2
このブログを他の国の言語に翻訳します
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード